マッキンゼーの7つのSモデル(Mokinsey’s 7S model)

法人保険用語辞典

マッキンゼーの7つのSモデル(Mokinsey’s 7S model)

マッキンゼーの7つのSモデル(Mokinsey's 7S model)とは

米国のコンサルタント会社、マッキンゼー社が組織開発面で必要不可欠と考えた7つの要素で、戦略、熟練、共通価値、構造、システム、スタッフ、スタイルがこれにあたる。

組織を変革するには、まず、戦略がきめられる。その戦略を実行するのにはどのような熟練を育てるかを明確にしたうえで、他の5つの要素をどのように変えていくかを決める。組織構造は事業単位を互に関連のあるもの同士でグループ分けするといったもので、システムは、社員がなすべき重要課題を判別するための様式または過程である。スタッフは会社が必要としている人間、スタイルは組織を動かす経営者の経営スタイル、共通価値は、組織の存続と成功にとって決定的に重要だと全社員が意識しているテーマである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。