ペネトレーション価格政策(penetration pricing)

法人保険用語辞典

ペネトレーション価格政策(penetration pricing)

ペネトレーション価格政策(penetration pricing)とは

浸透価格政策という。新製品を市場に投入する際に用いる戦略で、一般に価格を低く抑える。価格が低ければ低いほど売り上げは伸びるという前提がこの戦略にはある。製品の差異化が図りにくい日常品などで、消費者が価格を基準に購入を決定する場合などに有効。安売りしても、市場が拡大すれば、生産量の増大に伴う規模の経済性によって十分ペイすることができる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。