プリペイドカード

法人保険用語辞典

プリペイドカード

プリペイドカードとは

代金前払い(プリペイド)のカードであり、最も普及しているものとしてNTTのテレホンカードやJRのオレンジカードがあった。プリペイドカードは、クレジットカードとは逆に利用者が事業者に対して与信するという関係にあり、利用者にとってはリスクを補うためのメリットが必要となるが、小銭の用意や釣り銭受け渡しの煩わしさを回避できることや割引プレミアムにより普及が促進されていた。多目的に使用できる汎用型カードも存在するが、テレホンカードのような単独型カードが主流となっている。

問題点として、カードの多くが磁気カードのため偽造が後を経たず、テレホンカードでは高額カードの取り扱いが中止されたほか、近年ではパチンコ業界でカードの偽造により巨額の損失が発生している。ICカードはまだコスト高のため、低価格の偽造防止の技術開発が緊急の課題となっているが、テレホンカードにおいてはICカードへの切り替えが準備されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。