フォーディズム(Fordism)

法人保険用語辞典

フォーディズム(Fordism)

フォーディズム(Fordism)とは

自動車王ヘンリー・フォードが企業経営の経験を通して、信念として抱いていた経営理念。経営体は社会に奉仕する機関であり、利潤より奉仕を先行させなければならない。また製品はできるだけ安く売り、従業員の賃金は高くなければならない–という理念がフォーディズムである。このフォーディズムを企業の中で具体的に採用した経営管理の方式がフォード・システムである。このシステムは、フォード会社の従業員の賃金を高水準に保ちながら、生産原価を切り下げることをねらいとして、生産の標準化、部品の規格化、工場の専門家、従業員の単純作業化などを行った結果、コンベヤー・ベルトによる移動組み立てができるようになり、大量生産の基礎を作った。わが国でも自動車や電機などの機械関係の業界ではこの方式が取り入れられた。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。