ファイア・ウォール

法人保険用語辞典

ファイア・ウォール

ファイア・ウォールとは

米国においては銀行持株会社の傘下に銀行子会社と証券子会社があるが、グラス・スティーガル法により銀行と証券会社の職能分離が定められているため、両者の間には役員兼任の禁止などの経営および営業上の壁が設けられており、これをファイア・ウォール(防火壁)と呼ぶ。近年では、銀行持株会社を監督するFRBがファイア・ウォールを低くする動きに出ている。日本においては証券取引法第65条により銀行と証券会社の職能分離が定められている一方、業態別子会社の形での相互参入が行われており、このときの銀行の証券子会社との経営および営業上の壁についても米国同様にファイア・ウォールと呼ばれている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。