ビックバン

法人保険用語辞典

ビックバン

ビックバンとは

1986年10月に実施された英国証券制度の大改革のこと。ロンドン証券取引市場の国際的地位の確保や、英国証券業者の国際競争力強化などを目的として行われたもので、主な内容は、固定手数料制度の廃止、ブローカーとジョバーの資格を分離する制度の廃止、会員への会員外からの資本導入の自由化、スクリーン取引システムへの移行など。当時のEC各国では、英国のビックバンに伴い優良株の売買がロンドン市場に集中したことや、市場統合が予定されていたことも背景となって、フランスで88年以降に実施されたいわゆるフランス版ビックバンなど、積極的な証券市場改革が進められた。日本においても、金融の国際化の進展等を眺め、96年、橋本内閣が2001年までに規制緩和を中心とする金融システムの抜本的な改革を行うとする、いわゆる日本版ビックバン構想を打ち出した。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。