パーキンソンの法則(Parkinson’s Law)

法人保険用語辞典

パーキンソンの法則(Parkinson’s Law)

パーキンソンの法則(Parkinson's Law)とは

評論家パーキンソンが、なぜ官史の数が多いか、なぜ会議の運営が円滑にいかないかを皮肉な目で検討し、皮肉の意味で法則と名づけたもの。

普通、パーキンソンの法則といわれるのは「役人は部下を増やすことを望むがライバルは望まない。また、役人は互いのために仕事を作り合うから、役人の数はなすべき仕事の軽重、ときにはその有無にかかわらず一定の割合で増加する」というもの。

このほか、出世する法則、予算審議に必要な時間は予算額と反比例する、20人以上の委員会は運営不可能になる--など軽妙で皮肉たっぷりのエッセイを数多く発表している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。