バーゼル銀行監督委員会

法人保険用語辞典

バーゼル銀行監督委員会

バーゼル銀行監督委員会とは

10諸国とルクセンブルクの中央銀行および銀行監督当局の代表で構成され、銀行監督上の国際協調に関するルール作りなどを行う委員会で、BISが事務局となっている。1974年の旧西ドイツ・ヘルシュタット銀行等の破綻に伴う信用不安を契機として創設され、以降、バーゼル・コンコーダットの制定(75年、83年一部改訂)、銀行の自己資本比率規制の国際統一基準に関するバーゼル合意(89年)、デリバティブのリスク管理に関するガイドラインの公表(94年)、マーケット・リスクをバーゼル合意に含める改定(96年)などの活動を行っている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。