バーゼル・コンコーダット(Basel Concordat)

法人保険用語辞典

バーゼル・コンコーダット(Basel Concordat)

バーゼル・コンコーダット(Basel Concordat)とは

1974年のヘルシュタット銀行の倒産に伴う国際的な信用不安の発生という経験を踏まえ、75年12月にBISの中央銀行総裁会議で採択された「銀行監督に関するガイドライン」のことをいう。その骨子は、銀行の海外拠点の監督について、その所在地国と母国当局との共同責任としたうえで、それぞれの責任に分担を明確にしたことである。その後83年6月にアンプロシアーノ銀行倒産の経験をも踏まえて改訂され、母国当局の監督責任が強化された。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。