バブル現象

法人保険用語辞典

バブル現象

バブル現象とは

基礎的諸要因(ファンダメンタルズ)からみて値上(下)がりを起こす必然性のない財・資産について、市場参加者が将来的な値上(下)がり予想のみを根拠に財の取引(投機)を行うことにより、その財の価格がファンダメンタル価格から乖離し、実際に値上(下)がりする現象。その予想が変化した時、バブルは崩壊する。バブル現象の例としては、古くは17世紀初めのオランダにおけるチューリップ球根に対する投機や、18世紀の英国における株価上昇などがあるが、日本における1980年代後半の資産価格上昇と90年代初め以降の下落もバブル現象の発生と崩壊の代表例とされる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。