ネット・ネット・ポジション

法人保険用語辞典

ネット・ネット・ポジション

ネット・ネット・ポジションとは

銀行間の資金送金に伴う、個別銀行の送金額の合計と受取額の合計の差額。相対ネットポジション(取引相手行ごとの送金・受取額合計の差額)を合計したものに等しい。資金送金にかかわる支払い指図が蓄積され、ある決められた時点で資金決済される(時点決済)場合、実際の決済額は各行のネット・ネット・ポジションのプラス分(送金超額)だけでよい。なお、このポジションがマイナス(受取超)の銀行は与信リスクを負うことになる。こうしたリスクが過度に増大しないよう、1990年7月には、内国為替決済に関し、ネット・ネット・ポジションのマイナスを限度額以下に収める「仕向超過額管理制度」が導入された。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。