ドル・コール市場

法人保険用語辞典

ドル・コール市場

ドル・コール市場とは

外貨建ての短期貸借取引市場のこと。1972年4月に発足。取り扱う通貨が米ドル中心であること等からドル・コール市場と呼ばれる。市場参加者は日本国内の為銀とブローカーに限定されている。非居住者が参加できず、また貸借形式であること等の点でユーロ市場(非居住者が重要な参加者、預金形式)と異なる。その後、80年12月の改正外為法の施行に伴い、参加為銀に対する制約や取引期間制限が撤廃されたことや、インパクトローン、対外証券投資等を目的とする外貨需要をまかなうために同市場が利用されたことなどを背景として、その市場規模は89年までは順調に拡大してきた。しかし、86年12月の日本のオフショア市場の創設に伴い為銀間の外貨資金取引がオフショア市場へと漸次シフトしたこともあって、ドル・コール市場での取引高は90年以降、減少傾向に転じている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。