トービンのq

法人保険用語辞典

トービンのq

トービンのqとは

ノーベル賞受賞の経済学者ジェームズ・トービンは、トービンのq(Tobin’s q)を呼ばれる、次の比率に基づいて企業は投資を決定すると提起した。q=設置済みの資本の市場価値÷設置済みの資本の再取得費用。トービンのqの分子は、株式市場で評価された資本の価値である。分母は、今もし購入するとしたときの資本の価格である。純投資はqが1より大きいか小さいかに依存して決まるとトービンは論じた。もしqが1よりも大きいと、株式市場は設置済みの資本を再取得費用よりも高く評価していることになる。この場合、経営者は資本をもっと購入することで、企業の株式の市場価値を高めることができる。逆に、もしqが1より小さいと、株式市場は資本を再取得費用より低く評価している。この場合、経営者は資本が減耗するときに補填しない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。