トンチン式配当(tontine dividend)

法人保険用語辞典

トンチン式配当(tontine dividend)

トンチン式配当(tontine dividend)とは

19世紀後半にアメリカで行われていた契約者配当方法。据置配当ともいう。現在では禁止されている。一定期間(トンチン期間または据置期間とよばれ、契約締結時にあらかじめ定める)有効に継続した契約者だけに配当金支払う方法。中途で契約を解約した者には解約返戻金は払わず、それを契約者配当財源に繰入れてしまう。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。