トランスナショナル企業(transnational corporation)

法人保険用語辞典

トランスナショナル企業(transnational corporation)

トランスナショナル企業(transnational corporation)とは

グローバルな経営効率、各国の環境への適応性、世界的な基盤に立って知識を開発・発展させる能力の3つを同時に兼ね備えた企業。

グローバル企業は経営効率のよさを求めて世界戦略を立てるが、中央集権的であるため、海外の現地市場ごとのニーズを満たすという点で劣る。マルチナショナル企業は現地主義に徹しているため、現地の細かいニーズを吸い上げることができるという利点を備えているが、経営効率性の面でグローバル企業に劣る。ナショナル企業は本国の親会社の基盤に立って開発された知識やノウハウを海外子会社に移転するという意味でグローバルな経営効率、現地主義という利点に欠ける。

このようにそれぞれ一長一短ある各企業の利点だけを集めた企業をトランスナショナル企業と呼んでいる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号