ダッチ方式(Dutch auction)

法人保険用語辞典

ダッチ方式(Dutch auction)

ダッチ方式(Dutch auction)とは

国債の入札発行や、公開市場操作における債券オペの債券価格(利回り)の決定方式のひとつで、すべての募集に対して、最高価格(最低利回り)ないしは最低価格(最高利回り)の単一価格が適用されるもの。例えば、買いオペの場合、低価格(高利回り)で入札されたものから順次募入とし、予定総額に達したところで打ち切るが、その際、募入分すべてに対してこの足切り価格(募入最高価格)が適用される。1978年の中期国債の入札に初めて採用されて以来、しばらくの間は、その計算方法の簡便さ等から使用されてきたが、81年移行は、落札者ごとに価格(利回り)の異なるコンベンショナル方式に移行している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。