タイム・ベース競争(competing against time)

法人保険用語辞典

タイム・ベース競争(competing against time)

タイム・ベース競争(competing against time)とは

時間を決定的な手段として活用することによって、新製品、開発、製造、市場導入の全プロセスを再編成し、合理化すること。企業間競争の激化に伴って、競争の方法に変化が出てきた。第1は顧客欲求に応じた製品を短時間で提供する。第2は社内外における価値連鎖の徹底した合理化である。これらの方法はいずれも時間との競争に焦点を合わせた企業間競争である。タイム・ベース競争が注目されるようになったのは①製品ライフサイクルの短縮化に伴う研究開発期間の短縮化②グローバル化に伴う販売・流通時間の短縮化③競争激化に伴う利幅の減少で、企業活動のあらゆる部分からムダな時間を排除し、コスト低減を図る–などが必要になってきたためである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。