ソルベンシー・マージン(solvency margin)

法人保険用語辞典

ソルベンシー・マージン(solvency margin)

ソルベンシー・マージン(solvency margin)とは

保険会社は通常想定される保険リスクに備えてファンド(これを「責任準備金」という)を積立てているが、そのファンドを超えて、保険会社の通常の予測を超える保険事故の発生や資産運用をめぐるリスクなどの損失のカバーに充当できるファンドのことで、支払余力ともいう。具体的には、自己資本、価格変動準備金、異常危険準備金、貸倒引当金、株式・土地の含み益などを合計して計算される。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。