ソルベンシー・マージン

法人保険用語辞典

ソルベンシー・マージン

ソルベンシー・マージンとは

生命保険会社が、将来の保険金の支払いのために積み立てている責任準備金を超えて有する支払い余力(資本勘定、諸準備金等)を測るもので、財務の健全性を測る指標として位置づけられている(銀行業の自己資本比率に対応する概念)。1995年に成立した改正保険業法において、規制緩和・自由化が進む中で、保険会社の経営の健全性を早期にチェックする必要性が高まってきたことを背景に、算出が義務づけられた。政府は、ソルベンシー・マージンを含め経営指標を総合的に勘案し、保険契約者の保護に支障がでると判断した場合には、当該保険会社に対して経営改善計画の提出を求めることができる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。