セマンティック・ディアファレンシャル(semantic differential)

法人保険用語辞典

セマンティック・ディアファレンシャル(semantic differential)

セマンティック・ディアファレンシャル(semantic differential)とは

SD法ともいう。企業が商品のイメージを測定する手法である。「大きい-小さい」、「技術力がある-技術力がない」、「男性的-女性的」というよな反対語の中で、ある企業や商品がどちら側に、どのくらい近い感じをもたらえているかを調査し、その結果に基づいて、その企業や商品が消費者からどのように思われているのかを判断するもの。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号