セカンダリー・バンキング・クライシス

法人保険用語辞典

セカンダリー・バンキング・クライシス

セカンダリー・バンキング・クライシスとは

セカンダリー・バンクとは、英国において1960年代以降発展した並行市場の主要な参加者で、マーチャント・バンクや外国銀行等のクリアリング・バンクとは異なり、イングランド銀行の規制下になかった中小金融機関をいう。これらセカンダリー・バンクは60年代から70年代初めにかけての不動産ブームに乗じて不動産投機に走ったが、その後、イングランド銀行による資金引き締めやオイルショック等を契機に地価が下落すると、相次いで経営危機に陥った。この時の信用秩序の同様がセカンダリー・バンキング・クライシスと呼ばれている。なお、英国ではこの時点を契機として初めて銀行法が制定され、銀行に対する監督が強化された。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。