スパン・オブ・コントロール(span of control)

法人保険用語辞典

スパン・オブ・コントロール(span of control)

スパン・オブ・コントロール(span of control)とは

管理限界。統制範囲ともいう。1人の監督者が、部下として持つことのできる数には限界があるという原則をいったもの。スパンとは“親指と小指(あるいは人差し指)との長さ”を意味する。組織をうまく運営するには、管理者が自分の部下を完全に掌握しなくてはならないが、1人の監督者が部下を少なく持つと、とかく監督が行き過ぎになる。反対に人数が多過ぎると監督者の目が行き届かなくなる。一般に監督者1人に対する部下の数は7,8人が適当とされている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。