スィープ勘定(sweep account)

法人保険用語辞典

スィープ勘定(sweep account)

スィープ勘定(sweep account)とは

1981年に米国の商業銀行が導入した、要求払預金と利付金融資産を組み合わせた商品で、日本においては、84年に京都信金と大和証券が、要求払預金と中期国債ファンドを組み合わせた「京信資金総合口座」の販売を開始したのが最初の例である。要求払預金の残高が①最低限度額を上回る場合には、その超過分を利付金融資産(上記総合口座の場合でいえば中期国債ファンド)に、②逆に下回る場合には、それら資産から要求払預金へ、それぞれ自動的に資金を振り替える仕組みとなっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。