ショート・ロング( borrowing short, lending long)

法人保険用語辞典

ショート・ロング( borrowing short, lending long)

ショート・ロング( borrowing short, lending long)とは

資金の運用・調達構造において、調達の期間が運用に比べて短くなっている状態。調達の期間が運用に比べて長い場合を「ロング・ショート」、期間が一致していれば「スクエア」という。通常の右上がりイールド・カーブの状況下では、ショート・ロング・ポジションの造成により長短金利差分の利ざやが確保できるが、この利ざやは先行きの金利上昇リスクや、アベイラビリティ・リスクに対する一種のリスク・プレミアムであると考えられる。先行き短期金利が低下するという見通しが強い場合には、意図的に多額のショート・ロングが設定されることもある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。