シックス・シグマ(six sigma)

法人保険用語辞典

シックス・シグマ(six sigma)

シックス・シグマ(six sigma)とは

元来は統計用語である標準偏差(シグマ)の「6σ」のこと。発生確率が100万分の3.4のレベルが6σであるから、企業が生み出す製品やサービスのエラーやミスの発生確率を100万分の3.4にまで抑えることをねらって米国のモトローラ社の発案者が定めた基準。

基準値が高すぎるので、全社的規模でこの目標を達成した企業がまだ現れていないが、高い目標に近づいていこうとする自己変革のプロセスが組織を活発化し、品質を高め、コストを低減することにつながるとしてソニーなど日本の有力企業が導入している。6σ達成のプロセスは測定、分析、改善、改善結果定着のための管理の4つである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。