コンベンショナル方式(conventional auction)

法人保険用語辞典

コンベンショナル方式(conventional auction)

コンベンショナル方式(conventional auction)とは

債券の競争入札における価格(利回り)の決め方のひとつ。債券の発行者または売却オファー者側からみて有利な応札条件のもの(例えば発行または売却の場合は、「価格の高いもの=利回りの低いもの」)から順次落札させ、その合計額が発行額または売却額に達したところで入札を打ち切るが、各募入についてはそれぞれの提示した応募価格が売却価格となる。応札者にとっては入札の巧拙が直接コストに響き、入札方式の中では最も自由競争の性格が強いため、完全入札とも呼ばれている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。