コンティンジェンシー・プラン(contingency plan)

法人保険用語辞典

コンティンジェンシー・プラン(contingency plan)

コンティンジェンシー・プラン(contingency plan)とは

不測事態対応計画。転ばぬ先のツエというわけで、不測の事態をあらかじめ想定し、それにどう対処したらよいかを考えて計画を練る。

たとえば、石油の輸入がストップしたらどうするか、社債の調達ができなかったらどうするかといった具合に対策を計画の中に盛り込んでおく。従来の経営計画が何年後売り上げがどれだけになり、利益がいくらといった数値中心だったのに対し、これは不測事態が起きたときどうするかという対策を計画の中に組み込んでいる。この点で従来の計画とはおおいに異なる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。