ゲームの理論(game theory)

法人保険用語辞典

ゲームの理論(game theory)

ゲームの理論(game theory)とは

複数のプレーヤーがおり、それぞれの行動が互いに影響し合う状況下で各人の利益を追求する意思決定行動。

数学者のフォン・ノイマンが1920年代に、ゼロサム2人ゲームの基本定理を証明したのが始まりとされる。ゲームの理論の種類には交互行動、同時進行(意思決定のタイミングによる分類)、2人、3人、多人数(プレーヤーの人数による分類)、ゼロサム、プラスサム(利害衝突度合いによる分類)、完全情報、不完全情報(情報量による分類)などがある。

ゲームの理論の応用としては、「囚人のジレンマ」、「夫婦の食い違い」、「ゲームの転換」などがある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号