ケイパビリティ(capability)

法人保険用語辞典

ケイパビリティ(capability)

ケイパビリティ(capability)とは

企業の能力。顧客、販売、製造、物流、研究開発など企業のあらゆる分野で競争力の根幹となるような能力を指す。

日本の企業はこれまで自前でコツコツと積み上げた能力を評価する傾向が強かったが、ゼネリック・ニュー・テクノロジーという普遍性を持った技術革新が進み、グローバル化が急展開し、経営にスピードが求められる時代になって、戦略提携を模索するところが多くなった。つまり、提携によってケイパビリティを獲得しようというわけである。しかし、単なる知識の伝授では能力は身につかないので、統合化と実行の仕組みづくりが必要だとされている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。