グラス・スティーガル法(Glass-Steagall Act)

法人保険用語辞典

グラス・スティーガル法(Glass-Steagall Act)

グラス・スティーガル法(Glass-Steagall Act)とは

大恐慌を経た後、1933年に預金者保護の見地から銀行経営の健全性確保を企図して制定された米国の銀行法。預金金利規制(80年代に段階的に撤廃)、要求払預金への付利禁止、銀行業務と証券業務の分離、預金保険制度といった現在の米国の金融制度の根拠法である。狭義には、このうち銀行業務と証券業務の分離を定めた4か条を指す。しかし、近年では米国では銀行と証券の垣根は20条証券子会社の設立等により実質的には低くなっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。