クロイゲル・アンド・トル会社事件(Kreuger & Toll Co. Case)

法人保険用語辞典

クロイゲル・アンド・トル会社事件(Kreuger & Toll Co. Case)

クロイゲル・アンド・トル会社事件(Kreuger & Toll Co. Case)とは

1932年に同社が破産した事件であるが、その原因として巨額にのぼる不正の使い込みや粉飾決算が行われていたことが明るみに出た。米国では、この事件を契機として1933年証券法、1934年証券取引所方が施行され、法定監査制度が実施されることになった。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。