クレジット・オプション

法人保険用語辞典

クレジット・オプション

クレジット・オプションとは

信用リスクを取引するデリバティブ(クレジット・デリバティブ)の一種。ある将来時点において、現時点で契約した価格(権利行使価格)にで原資産を購入あるいは売却する「権利」をオプションというが、原資産の信用リスクを対象にオプション取引を行う場合、特にクレジット・オプションという。

例えば、金融機関Aが保有する債券価値が当該債券発行体の信用リスク増大によって目減りするリスクを金融機関Bとの間でクレジット・オプション取引を行うことによって金融機関Bへ移転するケースを考える。この場合、金融機関AとBとの間で、「将来、金融機関Aが資産として保有する債券価格が、発行体の信用リスクの高まりを映じてある一定の価格(権利行使価格)を下回った場合、金融機関Bに当該債券を権利行使価格で売却できる権利を、オプション手数料支払いの対価として得る」というプット・オプション取引が行われることとなる。金融機関Aは債券投資先の信用度悪化に対し事前に保険をかけた効果を持つ一方、金融機関Bはオプション手数料という形で新たな収益機会を得たことになる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。