キャッシュフロー計算書(cash flow statement)

法人保険用語辞典

キャッシュフロー計算書(cash flow statement)

キャッシュフロー計算書(cash flow statement)とは

一会計期間におけるキャッシュ・フローの状況を営業活動、投資活動、財務活動などの区分別に表示したもの。キャッシュ・フロー計算書において対象とする資金は、現金、現金同等物をいう。うち現金とは手元現金、要求払預金(当座預金、普通預金、通知預金など)である。また、現物同等物とは、容易に換金可能で、価値変動についてリスクが僅少な短期投資をいい、具体的には定期預金、譲渡性預金、コマーシャル・ペーパー、公社債投資信託などである。また営業活動の区分には営業収入、人件費支出、法人税支払額など、投資活動の区分には有価証券の取得、貸付金の回収など、財務活動の区分には借入金の回収など、財務活動の区分には借入金の調達・返済、配当金の支払いなどが記入される。キャッシュ・フロー計算書は貸借対照表、損益計算書などと並んで重視されており、連結財務諸表、個別の財務諸表で適用されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。