キャッシュフロー・ステートメント(cash flow statements)

法人保険用語辞典

キャッシュフロー・ステートメント(cash flow statements)

キャッシュフロー・ステートメント(cash flow statements)とは

現金収支の流れに着目した計算書。会計上の現金残高の変化を把握するうえで有効なので、キャッシュフロー経営を行っていくうえで不可欠。

また、2000年からの連結決算への移行に伴って連結キャッシュフロー計算書が導入された。この計算書はキャッシュフローを計算するのに、営業活動、投資活動、財務活動の3つに区分する。営業活動からのキャッシュフローはまず純利益に着目、これに減価償却費、資産・負債の増減を加えて計算する。投資活動からのキャッシュフローは固定資産の取得・売却に伴う現金の増減であり、財務活動からのキャッシュフローは、新株発行による収入、配当、社債の償還など債権者や株主との間の資金収支にかかわるもので、資本と負債の増減を含んでいる。そして、これら3つのキャッシュフローを合計したものが計算書である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。