カレンシー・サブスティテューション(currency substitution)

法人保険用語辞典

カレンシー・サブスティテューション(currency substitution)

カレンシー・サブスティテューション(currency substitution)とは

異なる国の通貨相互間に需要面で代替関係が存在するということ。居住者間の国内取引の決済手段として外貨の現金や預金が使われようになると、完全なカレンシー・サブスティテューションが生じるが、現実には各国共そうはなっていない。居住者が自国通貨のみでなく、外国通貨をも需要するという事実を明示的に取り入れて、各国通貨に関するcurrency portfolio selectionの理論も展開されており、主として為替レートの決定理論に応用されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。