オープン市場

法人保険用語辞典

オープン市場

オープン市場とは

市場参加者が金融機関に限定されず、企業、個人、地方公共団体など非金融機関も自由に参加できる金融市場や証券市場をいう。かつては、株式市場、公社債流通市場等の長期市場はオープン市場であったものの、短期のオープン市場は債券現市場のみであったが、1979年に導入された譲渡性預金(CD)市場によって大きく成長した。ほかに、コマーシャル・ペーパー市場、割引短期国債(TB)市場、政府短期証券(FB)市場などがあり、企業や個人の金融資産の蓄積、金利選好意識の高まり等による強いニーズを背景に、順調な拡大をみている。TB市場や債券現先市場といった短期のオープン市場は、インターバンク市場と並んで、日本銀行が金融調整を行う場ともなっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。