オフショア市場

法人保険用語辞典

オフショア市場

オフショア市場とは

非居住者からの資金吸収および非居住者に対する資金運用(いわゆる外-外取引)を、制度上の制約の少ない自由な取引として行わせる仲介市場。こうした市場では、預金金利規制・支払準備等の金融制度上の規制、源泉利子課税、為替管理、等の諸制約が通常の国内外市場に比べ緩和されている。オフショア市場の形態は、①国内市場との間の資金交流が自由で、両市場での諸規制が同等なオンショア一体型(ロンドン等)、②国内市場との間に各種規制上の格差が存在し、資金交流が遮断されている内外分離型(ニューヨーク、シンガポール、バーレーン等)、③租税逃避だけを目的に設立されたペーパー・カンパニーが主体で、事実上金融市場とはいえないタックス・ヘイブン型(バハマ、ケイマン等)、の3つのタイプに分けられる。日本でも、円の国際化、東京市場の国際化を推進する観点から、オフショア市場(Japan Offshore Market:JOM)が1986年12月に設立された。JOMは「内外分離型」で、参加する銀行は、一般勘定とは区別されたオフショア勘定を設定する必要があり、両者間の資金移動は原則として禁止されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。