インバスケット方式(in-basket method)

法人保険用語辞典

インバスケット方式(in-basket method)

インバスケット方式(in-basket method)とは

イントレイ・ケースともいう。部・課長など管理者の意思決定能力を伸ばすための訓練手法。未決箱の書類を部・課長がどのような方法で処理し、判断を下すか、といった意思決定のプロセスを段階的にとらえ、それぞれの段階に応じて、知識、能力、態度を訓練する。インバスケット方式はもともと書類面での事務手続きを修得させたり、あるいは管理者の管理能力を評価するため使われだしたものだが、最近では管理者訓練に盛んに活用され始めている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。