アンバンドリング(unbundling)

法人保険用語辞典

アンバンドリング(unbundling)

アンバンドリング(unbundling)とは

銀行の持つ信用仲介機能を個別要素や機能に分解すること。既存債権をいったんリスクやキャッシュフロー単位に分割し、その個別要素同士や既存の金融商品を再構成(bundling)すると、リスク・ヘッジや収益機会の増加につながる。例えば、アセット・バックト・セキュリティの場合、原債権のキャッシュフローが他の複数の債権のキャッシュフローとともに証券の元利払いを裏打ちするものとして販売され、結果として複数の債権回収管理を行うサービサーや信用補完を行う他の主体に収益機会が生じる。また、クレジット・オプションではキャッシュフローは銀行に残るが、原債権の信用リスクだけが切り離され、オプションとして売買されることで信用リスク負担の軽減化が可能となる。つまり適切な信用補完や債権プールの手法によって、通常は市場性がないとされる小口貸出債権は、あるキャッシュフロー(リターン)とリスクを持つ証券と同質なものとみなせるようになる訳で、ここに金融のセキュリタイゼーションの基盤があるといえる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。