アナリスト(analyst)

法人保険用語辞典

アナリスト(analyst)

アナリスト(analyst)とは

狭い意味では、企業の調査などを踏まえ株式を中心に個別証券の分析・評価を行う専門家(リサーチ・アナリスト=research analyst)を指すが、エコノミストや、リサーチ・アナリストから手に入れた情報などを分析し、投資戦略をファンドマネージャーに提案する専門家であるストラテジスト(strategist)、さらにはポートフォリオの組成・管理を行うファンドマネージャー(fund manager)などを含め、広く証券投資の分野で高度の専門知識と分析技術を持ち、投資情報の提供や投資助言・運用サービスに携わる者を指す場合もある。

資格の面では、米国の公認証券アナリスト(chartered financial analyst)制度にならい、日本証券アナリスト協会の検定制度がある。2次にわたる検定試験をパスし、一定期間の実務を経験した者が協会の検定会員として一人前のアナリストと判断される。

所属機関別では証券会社や証券系調査機関など証券を売り込む側(にセル・サイド=sell side)ばかりでなく、機関投資家や事業会社など証券に投資する側(バイ・サイド=buy side)のアナリストもふえているのが特徴。手法の面では企業の収益環境など基礎的要因(ファンダメンタルズ=fundamentals)の分析を基本にするファンダメンタル・アナリスト(fundamental analyst)ともっぱらチャート分析に力点を置くテクニカル・アナリスト(technical anaylst)に分けられる。ファンダメンタル・アナリストが求められるのは、株式の内在価値(intrinsic value)である。これはその企業の資産や収益、配当によって正当化される価値であり、それは経営者の能力や産業・経済の見通しなど基礎的要因によって左右される。これらの基礎的要因の分析を通して株価が内在価値を上回っているか、下回っているかを判定する。

また97年の大型金融破綻などを契機に証券市場で企業の信用リスクへの関心が高まってきたのを背景に、クレジット・アナリスト(credit analyst)の活躍の場も広がっている。直接、企業の信用力を評価するほか、有力格付け会社の格付け変更の動きを予測して債券や株式の銘柄選択に役立てる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。