アセット・バックト・セキュリティ(asset backed security)

法人保険用語辞典

アセット・バックト・セキュリティ(asset backed security)

アセット・バックト・セキュリティ(asset backed security)とは

商業債権である自動車ローンやクレジットカード債権、売掛金などの資産を担保として発行される証券(資産担保証券)の総称(ABSと略称されることが多い)。

主に米国において、住宅モーゲージ証券(mortgage backed security)に関するノウハウの蓄積を背景に発展してきている。オリジネーター(原債権者)がSPV(Special Purpose Vehicle 特別目的会社ないし特別に設定された信託等)に原債権を譲渡し、SPVは複数の債権を裏付けに証券を発行してその発行資金をオリジネーターに支払い、原債権の元利金支払いに充当する。この時、原債権のキャッシュフローと発行証券の元利金支払いを担保するため、銀行等が信用補完を行う。

このように、ABSは多数の原債権プールとそのうえになれた信用補完を前提にキャッシュフローをベースに発行されるものであり、原債権者にとっては、自己の信用力よりも高い信用力による調整が可能になるほか、債権のオフ・バランス・シート化が可能になる。また、投資家にとっても個別企業の業況変化などに左右されない低リスクの債権保有が可能になるというメリットがある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。