アウトプット法(out-put method)

法人保険用語辞典

アウトプット法(out-put method)

アウトプット法(out-put method)とは

標準原価計算のうえで直接材料費、直接労務費などについて生産量の実績が明確となった時点で標準直接材料費、標準直接労務費を産出し、これらと実際額とを比較して原価差異を分析する方法。原価計算期末になり、結果が判明した時点で捉えるところからこの名がある。パーシャル・プランと結び付く。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。