節税専用保険の特長

節税専用保険の特長

節税専用の保険の特長を「高い返戻率である理由」「シンプルな保障内容」「格付けの高い会社のみ」の観点からご説明いたします。

保険料・解約返戻金には宣伝広告費や、
人件費といった販売促進費が含まれています。

 法人のお客さまが毎年支払う保険料には、純粋にお客様への給付金や保険金の支払いに使われる“純保険料”。そして宣伝広告費や営業販売員の人件費など、保険会社の運営上必要なお金である“付加保険料”という二つの保険料から構成されています。全ての保険商品には、それぞれ様々な割合で、この純保険料と付加保険料が含まれています。


付加保険料をおさえて、無駄を排除することで
高い解約返戻率を実現できます。

 当然、たくさんのテレビCMで紹介されている保険、そして何万人もの保険販売員をかかえている保険会社の商品は、人件費という固定費や宣伝広告費が多く必要となります。それらは全て付加保険料であり、保険の商品内容に直接反映されます。結果として、たくさんの広告宣伝を行っている商品や多くの販売員を抱える保険会社は、お客様にお戻しする解約返戻金も低くなってしまいます。

高い解約返戻率

 日本にはおよそ50社の保険会社が存在し、その中でも10~15社ほどの保険会社が法人向けの効果的な保険商品を販売しています。この10~15社ほどの保険会社の中でもそれぞれ特色がございますが、法人向けに良い商品を販売している保険会社の特徴として、以下のような点が挙げられます。

▶ 自社で抱える営業販売員は最小限か、もしくはほとんどいない。人件費の削減。


▶ 保険商品の販売は代理店に依存。保険会社(メーカー)としての役割に専念している。


▶ より良い商品開発・保全を重視し、純粋な商品力で保険会社としての差別化をしている。


▶ 商品を卸す相手(販売先)を銀行などの金融機関や法人専門保険代理店に限定。


▶ 法人向けの商品を重視し、マスメディアでの広告を行わない。大幅な広告宣伝費の削減。

 こういった特徴により、人件費や宣伝広告費である付加保険料を抑えることができ、より高い解約返戻率を実現することが可能です。また、より良い商品を開発できることにより、結果として複数の保険会社を取り扱う銀行や証券会社、また法人専門の保険代理店において販売実績で人気上位の商品となり契約数を増加させています。

 法人向けに強い商品を持っているこれらの保険会社は、保険販売先として大きな取扱い保険料(販売実績)がないと商品を卸しません。そのため、保険商品自体を取り扱っている代理店が少ないことが唯一のデメリットです。また、テレビCMなどのマスメディア広告を使わないため、法人の節税をしっかりと実践している社長や法人保険を勉強されている税理士のあいだでは有名でも、一般的な個人の間では知名度が低い保険会社であるということもあげられます。

 しかし、節税用の法人保険は、取扱い代理店の少なさや一般的な個人の間での知名度の低さを補ってあまりある商品力(解約返戻率の高さや損金率)を持っています。このサイトではそういった保険会社の商品をご紹介していきたいと思っております。ぜひ解約返戻率の高さを無料一括見積もりで実感してみて下さい。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

電話でのご相談のお客様専用電話番号