マスミューチュアル生命の法人向け終身がん保険の特徴は?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

マスミューチュアル生命の法人向け終身がん保険の特徴は?

節税保険導入事例,節税

初年度こそ非常に低い戻り率が設定されていますが、それ以降は順調に返戻率がのび、7年目、8年目以降は他の法人がん保険を寄せ付けない勢いで解約返戻率が推移していく後半型の商品です。

 お宝商品であった旧アクサフィナンシャル生命のがん保険がなくなった現段階では、業界最高峰の解約返戻率を設定することができる、現状で最強の部類に入る法人向けがん保険です。保険料が非常に大きく設定できるのも魅力の一つです。

 損金額(保険料額を大きく設定すること)を重視して設計できるA300型。解約返戻率を重視して設定できるB型。その中間のA100型とニーズに合わせて3種類の型から選択可能です。マニュライフと並んで一番手として選ばれることが多い商品です。

 「保険会社データ」 | S&P社格付け AA(ダブルエー:保険契約債務を履行する能力は非常に強い。最上位の格付け「AAA」との差は小さい) | ソルベンシーマージン比率 715.4%(2009年度末現在)

 旧平和生命が前身で、エトナヘイワ生命保険を経て現在に至る。冠は外資(アメリカ)ですが、マニュライフと同様に日本で株式会社されており、日本生命や第一生命などと変わらない保険会社。格付けは非常に高い。法人向けの保険商品に強みを持っている。また、銀行窓販などの商品も持っている。マニュライフと同様に、個人向けの広告宣伝はあまり行わないため、個人保険市場では比較的、認知度の低い会社。ただ、法人保険や節税対策をつきつめていくと、必ず選択肢に入ってくる保険会社で、節税をしっかりと考えている社長には非常に有名な保険会社。取扱える代理店が少ないのがやはり唯一のネック。マスミューチュアル・ファイナンシャルグループは、アメリカ、マサチューセッツを本拠とする。世界で最も賞賛されている企業(生命/健康保険会社分野)世界第7位。フォーチュン500(米国の大企業500社)全米第93位。


終身がん保険の特徴。経営者様の弔慰金・退職金等の財源、企業の事業保障資金準備に

特徴1. がんの充実保障

  • 「がん」の診断確定時から、入院・手術・退院後療養など一生涯にわたって保障します(※1)。
  • 「がん」により死亡・高度障害状態になられた場合には、大型の保障があります。

特徴2. 事業保障資金の準備に

  • 給付金・保険金は、見舞金・死亡退職金・弔慰金の財源としてご活用いただけます。
  • 急な資金がご入用のときは、ご契約を継続したまま契約者貸付制度をご利用になれます。
  • 解約払戻金(※2)は、生存退職金等の財源としてもご活用いただけます。
  • 保険料は全額損金算入が可能です(※3)。

特徴3. 医師の診査は不要

  • 申込手続きは簡単で、所定の告知書による告知のみでお申込みいただけます(※4)。

 ご注意

  1. 対象となる「がん」とは、主契約の約款の「別表1」にあらかじめ定められている悪性新生物および上皮内新生物となります。また、給付金・保険金のお支払事由については「契約概要」をご覧ください。
  2. ご契約を解約し解約払戻金を受取られた場合、以後の保障はなくなります。
  3. 平成13年8月10日付 法人税個別通達 課審4-99および課審4-100 ご契約によっては損金算入できない場合もあります。また税務通達上は損金算入が認められている商品であっても決算期末直前の年払契約の場合等に、その損金算入性を問われることがあります。保障目的の導入であることをよくご確認の上、税務、会計処理につきましては、所轄の税務署・税理士等の専門家へご相談ください。
  4. 告知の内容によってはご契約いただけない場合もあります。

「保障内容|がん入院給付金日額60,000円の場合の例」

給付の内容 A300型 A100型 B 型
はじめてがんと診断されたとき保険期間を通じて1回限り「がん診断給付金」 1,800万円
(入院給付金日額の300倍)
600万円
(入院給付金日額の100倍)
がん診断給付金はありません。
がんの治療のため入院したとき
「がん入院給付金」
入院1回につき日額 6万円×入院日数 支払日数は無制限
がんで手術したとき
「がん手術給付金」
手術1回につき120万円(がん入院給付金日額の20倍)
がんで入院され退院したとき
「がん在宅療養給付金」
退院1回につき180万円(がん入院給付金日額の30倍)
がんにより死亡
・高度障害状態になったとき
「がん死亡給付金」
「がん高度障害保険金」
6,000万円(がん入院給付金日額の1,000倍)

※被保険者が入院中に、責任開始日以後がんと診断確定された場合には、診断確定された日を入院の開始日とみなしてがん入院給付金をお支払いします。
※がん入院給付金日額は、10,000円から60,000円までの範囲でご選択いただけます(単位は1,000円)。
※がん以外の事由により死亡したときは、このご契約の責任準備金をご契約者にお支払いします。

 ご注意

  • 給付金・保険金のお支払事由・制限事項については、保険会社からの「契約概要」の「プラン別の給付内容と給付倍数、お支払事由について」をご覧下さい。
  • がんに対する保障は、保険期間の始期(契約日)からその日を含めて90日(待ち期間)を経過した日の翌日(責任開始日)から始まります。

マスミューチュアル生命を含めた各保険会社の法人向けがん保険を徹底比較&一括見積り!

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

電話でのご相談のお客様専用電話番号