まだ間に合う決算対策の保険はありますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

まだ間に合う決算対策の保険はありますか?

節税保険導入事例,節税

決算末までの残り日数が少なくても加入(節税)可能な保険はございます。

 年払いで法人保険に加入する場合、保険料は家賃等と同様に短期前払費用の適用となります(向こう1年間分を前払いして1年分の損金を作ることができます)。これにより決算末ギリギリのタイミングでも、その期(当該事業年度)に損金参入することができます。

 法人保険契約は、最低で2日間あれば、間に合う可能性がありますので、諦めないで下さい。保険の契約成立に必要な要素は3つあります。

  • 保険申込書類の作成
  • 健康診断(※健康診断が不要の保険もございます。)
  • 第1回目保険料のお振込み

 この3つが揃えば保険の契約となります。この3つを完了するために、お申込手続までは1日2日あれば完了してしまいます。実際にお客様にいただくお時間は1時間半程度です。決算末すれすれでも時間的には充分に間に合います。ただし、保険の内容についての充分な検討時間を持つことも考えると、可能であれば1週間程度のお時間をご準備いただければと思います。

「節税対策の法人保険導入までの具体的なスケジュール(イメージ)」

 決算末まであと1日、2日しかないというタイトなスケジュールの場合でも、節税保険導入は可能です。まずはお気軽にご相談をいただければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

電話でのご相談のお客様専用電話番号