いま契約している保険があるのですが、この保険の見直しもしてくれますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

いま契約している保険があるのですが、この保険の見直しもしてくれますか?

節税保険導入事例,節税

はい、もちろんです。新しい提案をするためには過去の見直しは必須です。

 弊社と提携している法人専門保険代理店では、過去の保険も含め、全体的な節税アドバイスをしております。 節税対策の法人保険を活用していくうえで、最善の方法は、

  • 現在契約している保険の保障内容
  • 現在契約している解約返戻金の推移
 を正しく把握し、新しく加入する予定の保険と比較して、全体のバランスを考えながら経営戦略の中に保険活用を組み込んでいくことです。しかし、現実的には取引先や知り合いなど、様々な窓口を通して提案される保険に対して、多くの法人が場当たり的な保険導入を繰り返してしまうものです。

個別では考えて導入していても、いざ全体を見ると調和が取れていない

 といったご意見・ご相談も多くいただきます。こんな状況にならないために、多くの保険会社を一斉に扱うことができ、かつ保険を上手く経営戦略に活かすことができる法人専門の保険代理店にご契約保険の管理・構築を依頼することをおすすめいたします。保険の適正な解約時期や解約時の利益(雑収入)への対処方法、保障内容などを把握しておくためには、保険全体を俯瞰(ふかん)的にみることが必要となってきます。
  • 保険料が上がる時期の把握
  • 解約返戻率のピーク時期の把握
  • 保険料が支払われる時期の把握
 など、全体像を把握することが大切です。

 弊社と提携をしている法人専門保険代理店では、自社で契約をいただいた保険契約だけではなく、他社の保険契約を含めて、法人における保険契約を一覧表にまとめ、その上で保険全体に対するアドバイスを提供しています。経営者や財務担当者の方にもお役立ていただける内容となっております。

 保険全体をまとめる能力、それと保険全体に対してアドバイスができる能力、この2つが揃ってこそ、法人が望む節税提案を提供することができると考えております。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

電話でのご相談のお客様専用電話番号