節税保険導入事例

節税をしながら万が一の時に備える場合の導入事例

 節税の効果はもちろん、万が一のリスクのカバー(保障目的)を重視した保険をご導入いただきました法人様の事例を掲載しております。このサイトよりお問合せいただいたお客様や、ご紹介でお会いさせていただくお客様へのご提案をケースとしてご紹介しております。今期の節税対策にぜひご活用下さい。


法人保険には大きく分けて
節税目的と保障目的の役割・側面があります。

 法人で保険を検討する場合、まず今から法人が加入しようとしている保険が“節税目的”なのか、それとも“保障目的”なのか。どちらのタイプに重きを置くのかを整理する必要があります。これにより、おすすめとなる法人保険は大きく変わります。法人保険を検討する場合、基本となる考え方は以下の通りとなります。

保障と解約返戻金の両方を求める場合のベストな組み合わせ。

節税目的と保障目的の役割・側面

保障目的の保険は、“とにかく保険料が割安で保障内容の良いもの”がおすすめ保険の基準となります。現在の税制下にて、この条件があてはまる商品力上位の保険としましては、死亡保障であれば、支払う保険料が掛け捨て(解約返戻金のない)定期保険や、一方で解約返戻率がたまっていく長期平準定期保険 があげられます。
また、医療保険は法人契約可能で、実費保障タイプの保険が非常に効率の良い加入ができます。

保障目的で選ぶ保険のポイント

  • 死亡保障の場合、保険料が掛け捨てでも構わないのであれば、非常に安価な保険料で掛け捨ての定期保険に加入すること。
  • しっかりと資金がたまっていくほうがよい場合は長期平準定期保険を選択すること。

最近追加した万が一の時に備えての導入事例

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

電話でのご相談のお客様専用電話番号