3月決算。住宅リフォーム・外壁塗装業の法人様より節税のご相談。

節税保険導入事例,節税

3月決算。住宅リフォーム・外壁塗装業の法人様より節税のご相談。

▶ 保険料は損金で落ち、法人契約で貯めた解約返戻金を、個人が直接受け取れる保険商品を活用して節税

お客様の事業内容
住宅リフォーム・外壁塗装業
ご利用保険種類

逓増定期保険

お問い合わせ内容・経緯

今回のご相談内容は以下の通りです。

 3月末決算に向けてお電話でお問合せをいただいた際に、「法人向けのがん保険に関しては知っているが、解約返戻金を個人に残していくことができる逓増定期保険の節税プランは知らない」とのことで、弊社からの節税保険活用プランはたいへん気に入っていただくことができました。

今回のお客様は、このサイトよりお問合せをいただきました3月決算、住宅リフォーム・外壁塗装業の法人様。インターネット上の集客ホームページをいくつも運営されており、地域密着型の住宅リフォーム・外壁塗装で業績を伸ばされている法人様でした。大手のように規模を追及するのではなく、小規模で筋肉質な経営をされており、利益率の高いビジネスモデルを構築されていました。
 若い社長は人間的にも非常に魅力のある方で、経営判断も早く、決算前1ヶ月に節税対策を完了することがでできました。ありがとうございます。

実際に導入された保険とその節税効果額

今回メインとして活用した保険商品は、逓増定期保険。下記がそのプラン内容と節税効果額です。

今回は 逓増定期保険 を組み合わせて3年間で法人は完結できるプランを導入

「保険プランの収支」
A.払い込んだお金(保険料) 17,566,200円 (3年間の合計額)
B.個人に残せるお金(解約返戻金) 17,599,200円 (100.0%の解約返戻率)
yajirushi
「上記の保険を導入する過程で得られる節税効果額」
C.節税プランにより作り出せる損金(経費)額 17,566,200円 (全額損金と同効果)
D.節税プランにより減らすことができた法人税額 7,202,142円 (税率41%で計算)
E.節税プランにより減らすことができた個人の税金 4,524,800円 (個人も節税可能)
F.節税プランにより減らすことができた節税額合計 11,726,942円 (D+E=F)
※Dは法人税率41%にて計算 ※E→個人の所得税・住民税・社会保険料も大きく節税することが可能です。

担当者からのコメント

今回は地方からのお問い合わせでしたが、やはりまだまだ情報の格差は大きいようです。首都圏では、主流になり、優秀な税理士先生方にも認知されてきた節税保険プランも、地方では税理士の理解も少なく、利益体質の企業様でもまだまだ普及していないように思えます。ご興味のある方は、お気軽にご相談・お問い合わせをいただければ幸いです。

法人保険導入事例関連メニュー

よく読まれている導入事例

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

電話でのご相談のお客様専用電話番号