200社の経営者が選ぶ、新規加入保険料人気ランキング(設定金額の目安)

200社の経営者が選ぶ、新規加入保険料人気ランキング(設定金額の目安)

節税対策の法人保険を活用しようとする際、一番多くご相談いただく内容が

新規加入保険料人気ランキング,金額の目安

「新しく入る保険は年間保険料額をどのくらいに設定したほうが良いのだろうか?」

というものです。保険料の支払いが1年(1回)だけで終了するなら迷うことはないかもしれません。しかし、法人保険は原則として数年間の継続性が求められます。「今年は良くても来年は払えるだろうか?」と皆さん悩まれるものです。以下に弊社のサイト経由でご契約を頂きました直近の法人213社を対象にした新規加入保険料額をランキング形式にてまとめさせて頂きました。今期の節税対策や法人保険活用のご参考にして頂ければ幸いです。

契約者調査(200社の経営者が選ぶ節税対策の法人保険 保険料人気ランキング)より

保険料人気ランキング
<年間保険料額お申込みランキング>
1位 100万円 36件
2位 500万円 22件
3位 200万円 18件
4位 300万円 17件
5位 600万円 17件
6位 400万円 15件
7位 2,000万円以上 14件
8位 700万円 13件
9位 1,000万円 10件
10位 800万円 9件
合計 213件
<年間保険料額お申込み分布>
年間保険料額

※集計対象:節税対策の法人保険経由での申込 直近の200件で集計

 1番多かったのが年間保険料100万円台のご契約です。2番目が年間保険料500万円台、次いで200万円台となります。期末に残ってしまった数百万円の利益を損金率の高い保険商品で節税するお客様が増えたことがこのあたりの保険料額が多い要因だと考えられます。なお、集計した213社の新規加入における平均年間保険料は801万円でした。そして全体の4分の3が年間保険料1,000万円未満でのご契約、残りは1,000万円以上の保険料設定となっていることが今回の調査でわかりました。保険料設定の目安にしていただければ幸いです。


法人保険を導入されたお客様は、年額平均328万円の法人税を節税できました。

 法人保険導入の結果、節税対策の法人保険サイト経由で保険を導入されたお客さまの年間法人納税額における平均削減額は、328万円/年となりました。

hoken_donyu

 ※集計した213社の新規加入における平均年間保険料は801万円でした。弊社サイトから法人保険をご加入頂いたほぼ100%近いお客様が支払った保険料が全額損金(もしくは全額損金と同効果)になるプランを選択していただいており、平均年間保険料801万円に対して、法人税率41%で平均削減額は、328万円/年となりました。2011年12月以前の直近213社の契約者調査より。■有効回答数:213社(うち、法人保険を検討した方が723社)

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

電話でのご相談のお客様専用電話番号